静岡市のエステサロン 脱毛時に痛みを感じやすい人ってどんなひと?

2019/04/15 ブログ

脱毛時に痛いと感じやすい人ってどんなひと?

痛みを感じる人の特徴と対処法についてお話します。

脱毛が「痛い」と感じる人①敏感肌

脱毛の痛みを感じやすい人の傾向として敏感肌の人が挙げられます。髪についてしまった整髪料やワックス、ハンドクリームなどでもかゆみやかぶれを感じてしまう方は敏感肌と言えます。

その要因は様々ですが、共通する点は「刺激に弱い」という点です。よって脱毛による刺激は肌へダメージを与えることになりかねないので慎重に脱毛方法を選びましょう。

肌のケアのため保湿ジェルを使う場合がありますが、それらが肌に合わずかぶれてしまうこともあります。

敏感肌だからといって脱毛が出来ないというわけではないので、よく自分の肌を確認しまずは悪くなる前に相談するようにしましょう。

脱毛が「痛い」と感じる人②肌が浅黒い

肌が浅黒い人、つまり肌の色素数値が高い人は、脱毛の効果が出来にくいといわれているんだとか。
さらに、色素の数値が高すぎる場合は、施術ができないという場合があるんだそう。

また肌の色が浅黒い人は、施術中の痛みを感じやすいともいわれています。

その原因は、脱毛機器の仕組みに関係しています。
色素が高い状態でレーザーを当てると、その部分に反応して照射してしまうため、痛みを感じやすくなるんだそう。

さらに日焼けした肌は、乾燥や紫外線の影響を受けているので、脱毛には適していません。
施術を行っても炎症や乾燥を助長し、痛みやかゆみを発症させる原因になるんです。

現在は技術の発達により、色黒の人でも痛みやダメージを少なく施術を受けることができます。
肌の色が気にかかるなら、必ずカウンセリングを受けてか施術を受けるようにしましょう。

脱毛が「痛い」と感じる人③毛深い

毛深い人は、脱毛時に痛みを感じやすいといわれています。

毛深い人の毛は、一本一本が太くてしっかりしていることが一般的です。
また毛量も多いので、肌にそれだけ多く刺激を与えることになるのです。

また、どの部位が毛深いかということも関係してきます。
例えば、VIO部分は繊細で、皮膚が薄く弱いもの。
防衛本能により、他の部位よりも毛が太くなっていることが一般的です。
繊細な部位なので痛みが伴う、かつ毛が太いので痛みが伴うという、二重構造になっています。

少しでも痛みを和らげ、また不安を解消するには、施術前に十分にカウンセリングを受けましょう!
自分の毛の状態をよく知っているだけでも安心材料になりますね。

脱毛が「痛い」ときの対処法 普段から保湿を心がける

脱毛の痛みを軽減するための最大の対策法は「保湿」です。
肌の乾燥がひどい場合、脱毛施術を断れることもあるほどです。

肌の水分量が多いほど、光脱毛の施術がしやすく、痛みも少なくなるんだとか。

また、肌にとって「乾燥」は何一つメリットになりません。
脱毛をするしないに関わらず、普段から保湿を心がけましょうね。

毎日の保湿と言っても、特別なことをする必要はありません。
市販の保湿クリーム、ボディークリームを、お風呂から出た後か寝る前に塗布するという習慣をつけるだけでOKです。

乳液や化粧水をたっぷりと使うのもおすすめですよ。
何万円もする高級な化粧品にこだわる必要はなく、こまめにうるおいを与えることが大切です。

 

静岡市のエステサロンmalowoにお通いのお客様はあまり痛みを感じることなく、施術中に寝てしまう方もいらっしゃいます。痛みがある方は光を当てる前のお冷やしの時間で痛みをなるべく感じにくくなります。

 

脱毛時にご興味のある方はぜひ静岡市のエステサロンへmalowdoへお越しください。

                                         岡村